願いを叶えるために

花占い

やり方に気を付けよう

おまじないは、小学生から年配の方まで年齢や立場に関係なく利用することができます。また実行するための費用もさほどかからないので、気軽に行うことが可能です。ただしおまじないは元々呪術に使われていた物も多いため、使用する場合はくれぐれも注意して使うようにしましょう。もし取り扱い方を間違えてしまうと、思わぬ形でかえってくる可能性があります。それを避けるためには、とにかくネガティブな手法を選択したり後ろ向きな気持ちで取り組まないことが大切です。たとえば、生き物や自分の大切な物をいけにえに捧げるような物はリスクが高いので絶対にやってはいけません。また契約や誓約を求められるような物も避けておくべきです。何か対価として与えなければ叶わない願い事は、黒魔術や呪いの可能性があるので極力関わらない方が無難です。他にもどうせかなわないだろうというように、マイナス思考や消極的な気持ちで取り組むのもいけません。これではせっかくの占いのパワーが、マイナスの方向に向かってしまう可能性があるからです。そのためおまじないには、ポジティブな気持ちで臨むようにしましょう。あとは、相手の持ち物を勝手に持ち出しておまじないに使うのもやめておくようにしてください。これがわかってしまうと、持ち物の主はおろかそれ以外の人の信用も一気に失います。おまじないにもルールがあるので、そこを逸脱すると効果がなくなったり安全性が保てなくなります。実行する時は、そこもよく考えて行うようにしましょう。